パソコン甲子園2020モバイル部門本選進出

コンピュータ部の黒谷,菊地のチーム「Project Men」がパソコン甲子園モバイル部門の本選へ出場することになりました。モバイル部門では昨年に引き続き2年連続,プログラミング部門での出場を含めると4年連続の本選出場です。

今回のテーマは「食と健康~家族とともに~」です。チーム「Project Men」はインスタントラーメンの栄養表示に着目したアプリの企画書を制作しました。実際の企画書に記載したアプリの概要は以下の通り。

「カップ麺とともに」は、インスタントラーメンに合うサイドメニューやトッピングを提案してくれるアプリです。近年、日本では即席麺の消費量が増えてきています。日本即席食品工業協会の統計によると、2015~2019年度の即席麺の総生産額は年々上昇しています。また最近では、COVID-19の影響によるインスタントラーメンの需要急増により、商品棚からインスタントラーメンが消えるといった報道もありました。しかし、インスタントラーメンには塩分・炭水化物の取りすぎなど栄養バランスに問題があるのも事実です。私たちはこの問題を解決するためにこのアプリを考案しました。 このアプリを利用すれば、あなたの好きなラーメンを健康的に楽しむことができ、家族のより良い「食と健康」を実現することが可能になります。利用者が好みのラーメン製品を選択すると、そのラーメンの栄養素や添加物の情報が表示され、不足している栄養素を補うためのサイドメニューやトッピングを提示してくれます。その中から好みのメニューを選び、それをラーメンと一緒に食べることで栄養を補うことが可能になります。

パソコン甲子園モバイル部門2020 Project Men 企画書より 企画概要

本選は11月15日(日)に実施されます。新型コロナウイルスの影響で今年はオンラインでの実施となるようで,会津若松へ行けず少し残念ではありますが,その分落ち着いた環境で余裕を持って準備ができることになります。

これから本選に向けてのアプリ制作に入ります。今年こそは初の入賞を目指して頑張ってほしいと思います。

<参考リンク>
本選出場チーム一覧 http://web-ext.u-aizu.ac.jp/pc-concours/2020/final/f_finalteam2020.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です