eスポーツ大会 STAGE:0 結果報告

全国高校対抗eスポーツ大会 STAGE:0 2020 League of Legends部門に、チーム「Kagicomb」として昨年に続き出場しました。

STAGE:0 2020は全国を7ブロックに分割して、各ブロックで予選を実施します。各ブロックの優勝者が9月に行われる決勝大会へ出場します。

Kagicombは関西ブロック27チームのうちのひとつとして予選を戦いました。

Round1(8月9日)

大会初日(Round1)は1, 2回戦が行われました。

1回戦の相手は専門学校アートカレッジ神戸のCチーム。平均ランクではこちらが若干優位でしたが、実際に試合が始まると序盤はほぼ互角の戦い。一進一退の攻防が続きましたが、中盤からオブジェクトでやや優位を築いたところから、koyoのスプリットプッシュが見事に決まり初戦突破。

2回戦の相手は大阪市立西高校のチームFTC。平均ランクではやや相手が優位。序盤からレーンで押され、ドラゴンの取り合いで壊滅し、開始17分の段階で1対7と大きくリードされてしまいました。21分の段階では1対8に差が広がり、オブジェクトも3つ取られ、万事休すかと思われました。
しかし、26分の集団戦での勝利をきっかけに徐々に差を縮め、ドラゴンを4つ取り返した上に、44分にバロン奪取に成功。タワーで大きくリードを確保しました。
そのまま押し切るかと思われましたが決めきれず、またレーンで押され気味になり、徐々に相手の優位に傾いていきました。そんな状況下でエルダードラゴンがスポーン。これを取られたら終わりかもという厳しい状況になりました。
しかし、ここでgaraaaaがドラゴンスティールに成功!その優位を生かして勝負を決めました。

こちらがその試合の様子です。

FTC (Blue) vs Kagicomb(Red)

序盤の状況からは想像できないような大逆転勝利に会場は大興奮。Round2に駒を進めました。

Round2(8月16日)

大会2日目は3, 4回戦が行われました。3回戦の相手は専門学校アートカレッジ神戸のAチーム。平均ランクでは相手が圧倒的に優位。完全に格上相手なので、こちらの作戦としてはレーンでなんとか我慢して、スプリットプッシュを狙いたいという思惑でした。
しかし、試合が始まってみるとレーンで負け、集団戦で負け、オブジェクトも全部とられ、正直いいところ無く実力差通りの結果に終わってしまいました。

最後に

結果は残念ながら3回戦敗退となってしまいましたが、大会全体のレベルが上がっていることと、大会に向けた練習をある程度計画的に実施できたこともあり、充実した内容となりました。この経験を冬の全国高校eスポーツ選手権に生かして欲しいです。

今大会は「esports stage EVOLVE 六甲道店」から、練習会場および大会会場の提供やコーチングなど、大会出場に向けた全面的なサポートを頂きました。EVOLVE 六甲道店のスタッフの皆様、特に熱烈なコーチングでご指導頂きました桜田様に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です